演題募集

オンライン演題登録

演題募集期間

2020年12月7日(月) ~ 2021年2月12日(金) 23時59分

オンライン登録はこちら
準備中




演題応募について

演題は、本学会メインテーマに関連するテーマ、母性看護に関連するテーマを受け付けます。いずれも発表内容は未発表のものに限ります。ただし、施設内での発表はこの限りではありませんが、抄録内にその旨を記載してください。

演題応募は、2020年12月7日(月)よりオンラインで受付けます。演題登録、抄録原稿の提出を同時に行ってください。ご不明な点は、学術集会事務局までお問い合わせください。

演題を確認・修正・取り消したい時は、[確認・修正画面へ]ボタンから行ってください。演題募集期間中は、何度でもできますが、期限は2021年2月12日(金)23時59分までです。なお、パスワードはご自身で管理してください。


(注)会員番号がご不明の方は以下のいずれかの方法でご確認ください。

  1. 日本母性看護学会からの郵送物の宛名ラベル右下に記載されています。
  2. 日本母性看護学会事務局(株)ガリレオ学会業務情報化センターまでメールにて(名前、所属を記入の上)お問い合わせください。
    E-mail : g031jsmn-mng@ml.gakkai.ne.jp


演題応募資格

発表者(筆頭演者、共同演者全員)は、本学会の会員に限ります。非会員の方は、2021年2月12日(金)までに日本母性看護学会事務局に入会申込書を送付し、入会手続きを行ってください。発表者全員の入会手続きと入会金・年会費の納入が完了しない場合は、演題登録が取り消されますのでご注意ください。



演題募集要領

  • 演題募集期間:2020年12月7日(月)~2021年2月12日(金) 23時59分
  • 演題名:全角50文字以内
  • 抄録本文:全角900文字
  • 発表形式:口演、示説
  • 分類:研究報告、実践報告
  • 発表者と所属機関:筆頭演者と共同演者を合わせて10名以内、10施設まで
  • 抄録作成要領
    1. 抄録本文はwordファイルを用いて、以下の内容を記述してください

      研究報告の場合:【緒言(目的を含む)】【方法】【結果】【考察】【結論】

      実践報告の場合:【緒言(目的を含む)】【実践内容】【結果】【考察】【今後の課題】

    2. 研究ならびに実践における倫理的配慮を必ず記載してください。
    3. 図・表の挿入はできません。


演題登録

演題は、オンライン演題登録システムを利用し、本公式サイトからのみ登録が可能となっております。締め切り間際には、大変な混雑が予想されます。できるだけ早い時期でのお申し込みをお願いいたします。

オンライン登録後は、必ず演題登録確認画面をプリントアウトし、保管しておいてください。また確認・修正画面より、登録番号とパスワードを用いて、登録されている内容をご確認ください。パスワードはご自身で管理してください。



査読

演題の査読は、抄録の構成の適切性、論理的整合性、倫理的配慮の視点で行います。
抄録の訂正が必要な方には、3月上旬にE-mailにてお知らせします。



演題採否

演題の採択の可否は、E-mailにてお知らせいたします。演題内容によっては口演・示説のご希望を変更させていただく場合もございますので、ご了承ください。



発表方法

<口演>

発表時間は一題につき、10分です。PowerPointで作成したスライドにあらかじめ音声を録音した動画をご提出いただきます。

<示説>

発表時間は一題につき、6分です。PowerPointのスライド1枚に作成したポスターに、あらかじめ音声を録音した動画をご提出いただきます。